家庭医レジデントの備忘録

内容の間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。

アデノウイルス アデノ アデノ迅速

小児科研修中。
小児科の先生は上気道症状の患児に対して、アデノウイルスの迅速検査をよくオーダーしています。
特に治療方針に影響は与えないはずだけど、どういった目的で検査するのだろうと聞いてみると、
・通常より経過が長かったり、CRPが比較的高値が出るので、経過の予測に役立つ
・原因が分かったほうが、家族(特に母親)に説明しやすい とのこと。
もちろん細菌の混合感染や二次性感染もあるから決めつけてはいけないけど、使い方次第では有用な検査と思われます。
 
 
【特徴】
小児の発熱性疾患の要因。
咽頭炎や鼻風邪といった上気道症状と最も関連がある
肺炎にもなりうる。
胃腸、眼科、生殖泌尿器、神経疾患の原因にもなり得る。
多くは自然軽快するが、免疫不全患者や健康人にも時に致命的になる。
アルコール消毒は効きにくい?
 
幼児
咽頭炎、鼻感冒、中耳炎
肺炎
下痢
小児
上気道炎、肺炎
咽頭結膜熱
下痢、腸間膜リンパ節炎
出血性膀胱炎
成人
急性呼吸器病
流行性角結膜炎
免疫不全者
肺炎
腸炎、肝炎
出血性膀胱炎、間質性腎炎
髄膜脳炎
 
 
【疫学】
世界中に分布し通年で発生する。
幼児や若年小児の発熱の5-10%。
多くは10歳までに既感染の血清学的証拠がある。集団感染が多い
 
 
【分類】
50種類以上いてA-Fの6グループに分かれる。
Subgroup
Serotypes血清型 Clinical syndromes臨床症状
A 31 Infantile gastroenteritis 幼児の胃腸炎
B
3、7、21 Upper respiratory disease 上気道炎,
pneumonia 肺炎,
pharyngoconjunctival fever 咽頭結膜熱
11、34、35 Hemorrhagic cystitis 出血性膀胱炎,
interstitial nephritis 間質性腎炎
14 Pneumonia 肺炎
C 1,2,5 Upper respiratory disease 上気道炎,
pneumonia 肺炎,
hepatitis 肝炎
D 8, 19, 37 Epidemic keratoconjunctivitis 流行性角結膜炎
E 4 Upper respiratory disease 上気道炎,
pneumonia 肺炎
F 40, 41 Infantile gastroenteritis 幼児の胃腸炎
 
 
咽頭結膜熱=プール熱
特徴:多くはプールなどを介して感染。2類感染症→学校出席停止
疫学:夏季。学童、5歳以下の乳幼児
症状:良性の濾胞性角結膜炎、有熱性の咽頭炎、頚部リンパ節炎
全身:発熱、頭痛、食欲低下、全身倦怠感
眼 :眼痛、流涙、結膜炎、眼脂、羞明
呼吸:咽頭炎咽頭
 
 
特徴:治癒まで2-4週かかる、角膜混濁による視力障害起きうる。3類感染症→出席停止
エンテロウイルスの出血性結膜炎→約1週間で治癒
疫学:1-5歳に多いが、成人など幅広い年齢層にある
症状:両側性結膜炎、耳介前部リンパ節腫脹 → その後有痛性の角膜混濁
   自然軽快。視力障害は残存しない
 
 
【迅速検査】
Reference standardがmultiplex PCR /  sen77.9 spe73.6
Reference standardがshell-viral culture /  sen80.0 spe60.9
(文献3より。日本の迅速キットとは違う)
 
クイックナビアデノの添付文書では
咽頭ぬぐい液検査はPCRをReference standardとすると
Sen87.7 Spe96.9 となっている。
 
 
 
 
【参考】
1)Phyllis F, Epidemiology and clinical manifestations of adenovirus infection, UpToDate, last updated Mar 29, 2016.
2)Flor MM, Diagnosis, treatment, and prevention of adenovirus infection, UpToDate, last updated Jun 3, 2015.
3)(抄録のみ) Romero-Gómez MP, Immunochromatographic test for detection of adenovirus from respiratory samples: is it a real solution for pediatric emergency department?,J Virol Methods. 2014 Jan;195:236-9. doi: 10.1016/j.jviromet.2013.09.002. Epub 2013 Oct 3.
4)クイックナビアデノ添付文書