家庭医レジデントの備忘録

総合診療専門医を目指して勉強中です。内容の間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。ブログ内に直接パワーポイント等のファイルを張り付けることができないためscribdというサイトを併用しています。

爪形成症 Onychogryphosis

療養病棟とか施設とかに行くと、ほぼ必ずいらっしゃる爪がものすごく変形している方たち。
実はこれ、立派な病名がついてまして、
 
爪形成症 Onychogryphosis
 
といいます。
というわけで、まとめ。
 
【Onychogryphosis 爪形成症】
「羊の角」「カキ」に例えられる。
最初は上向き→その後外側へ 
*最初外側に行く場合は先天性の配置異常(malalingnment)かも
原因:爪を切る回数が少ない(最多)、外傷、爪床肥大、外反母趾など骨性の変形
(真菌症との関連は記載がない)
治療:切ったり削ること
 
(Indian J Dermatol Venereol Leprol. 2005 Nov-Dec;71(6):386-92.)
 
 
 
図は Rich.P, Overview of nail disorders, UpToDate, last updated: Aug 29, 2017. より引用