家庭医レジデントの備忘録

総合診療専門医を目指して勉強中です。内容の間違いなどありましたら是非ご指摘ください。また、内容の二次利用については自己責任でお願いします。ブログ内に直接パワーポイント等のファイルを張り付けることができないためscribdというサイトを併用しています。

セロトニン症候群

 
重要
抗鬱薬、抗痙攣薬、抗パ剤、リチウムなど服用者にメジコンプリンペラン、トリプタン製剤などを安易に処方しない!
 
 
Rapid overview
臨床+ラボの特徴
〇Hunter分類:セロトニン作動薬+以下1つ以上
 1.自発的なミオクローヌス
 2.誘発クローヌスと興奮または発汗
 3.眼球クローヌスと興奮または発汗
 4.振戦と腱反射亢進
 5.筋強剛
 6.BTが38℃以上で眼球クローヌスまたは誘発クローヌス
 
〇臨床診断であり、ラボで確定診断はできない。軽症~致死的状態まで様々
 
〇臨床所見:神経学的所見は下肢の方が目立つ
高体温、興奮、眼球クローヌス、振戦、静座不能、腱反射亢進、誘発性または自発性クローヌス
筋強剛、散瞳、粘膜乾燥、腸蠕動亢進、皮膚紅潮、発汗
 
〇検査所見:鑑別や合併症モニタリングに役立つかも
CBC電解質、BUN/Cre
CK、肝酵素、凝固、尿検査
培養:血液、尿
CXR、頭部CT、ルンバール
 
鑑別診断
悪性症候群、抗コリン薬中毒、悪性高体温、交感神経刺激薬中毒、髄膜炎脳炎
 
治療
セロトニン作動薬中止
ベンゾジアゼピンで鎮静:興奮と神経筋異常(振戦やクローヌス)、HRやBP↑がなくなるのが目標
ロラゼパムワイパックス🄬1-2mgIV 小児なら0.02-0.04mg/kg)
酸素、IV、心電図モニター
合併症予測:バイタルサインフォロー
BZDと対症療法失敗時:シプロヘプタジン使用(12mgPO)
41.1度以上ならすぐに鎮静、筋弛緩で挿管 ASAPなどの解熱剤は使用しない
 
Serotonin syndrome (serotonin toxicity) last updated: Mar 12, 2018.
 
 
原因薬剤
アンフェタミン、コカイン、MDMA、LSD、レボドパ、カルビドパ
• トラマドール、ペンタゾシン、メペリジン
SSRISNRI、TCA、MAO阻害薬
• リネゾリド
• 5‐HT3阻害薬(オンダンセトロン、グラニセトロン...)
• メトクロプラミド(プリンペランR)
シブトラミン(やせ薬)
• シクロベンザプリン(中枢性筋弛緩)
• デキストロメルファン(メジコンR)
• ブスピロン(5-HT1A阻害薬、抗不安薬)
• トリプタン製剤、エルゴタミン
• リチウム
 
J hospitalist network 「セロトニン症候群」